ヨシキさんとガクトさんの対談

私は中学生時代、クィーンが大好きな親友がいました。その親友がロック系の専門誌を買っていたので、見せてもらっていたのです。自分で買ったこともあった気もします。

その時代の、海外のロックと、日本の歌謡曲との、音楽的レベルの差は歴然(比べる方がおかしい)で、クィーンの音楽のすばらしさは、「この世の中に、こんな素晴らしい曲があるのだ」と感動するレベルでした。今でも、時々CMなどでは流れますね。

そういうレベルに比べれば、ヨシキさんガクトさんあたりなら、目いっぱいの努力でもしないと、世界ツアーとかは無理でしょう。

そういう事を、デビュー当時から感じて、ずっと努力してきたという話をしていました。彼らが、壮絶な努力家である事は、有名ですよね。それを彼らの対談から聞いて、引き込まれました。

彼らは外国語も話すのですが、ガクトさんは「本を読んで学び、それから外人と話し、通じないと思ったら、再び本で学ぶ」のだそうです。ガクトさんの印象から、「本とか読まないのかなあ?」と思っていましたが、本で学ぶは衝撃的でした。個人レッスンでも何でも出来そうなものなのに、本と現場だと言ってました。

ヨシキさんは、どうしても発音がうまくならないので、「発音が上手くない外国人がかかる医者に行って、口の動かし方から学んだ」という事です。日本語は、口を開かなくても話せるけど、英語は口角をしっかり上げないと、ちゃんとした発音にならず、そこから違うのだそうです。

彼らがすごいと思うのは、努力をするだけでなく、努力をする工夫も、自分で考えるって事かなあと思います。
普通の人と一緒ではダメ!ありきたりの事ではダメ!という意気込みを感じるのです。

勉強でも何でも、長時間やれば結果が出るわけでもないし、ましてや音楽の世界なんて、尚更です。結果を出すための努力とは何か?を考えなければ、ただ時間を使っているだけに過ぎないと思います。

私は、「忙しい・忙しい」と言っている割には、長期間を考えた場合、何ら結果が出てないじゃん・・と思う人を、沢山見ているので、努力ではなく工夫だと思ってますが、工夫して努力すれば最強ですね。


彼らがファンを惹きつけて止まないのは、「見た目が綺麗」というのも大きいと思います。
鍛え上げたからだと、きちんと手入れされたお肌とか・・・睡眠時間はわずかで、お酒も大量に飲んでも、見た目は全く崩れないというのがすごいです。


見た目が、「生活が荒れ放題で、汚くなっている」のでは、いくら努力していると言われても、魅力は感じないと思います。

スタートラインは、「崩れない見た目」かなあと思ったのでした。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぱある

Author:ぱある
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR