FC2ブログ

レバニラ炒め

しばらく中華系のお店に行ってみようという事で、「台湾料理」という事になってるお店に行きました。

私は台湾に行った事があり、ホテルの朝食バイキングが「台湾料理」で、ツアーでセットのランチも「台湾料理」、夜は、屋台でも食べたし、台湾の人たちが多いレストランでも食べました。

そういう現地の台湾料理と比べると、地元の台湾料理という店の料理は、「日本の一般的な中華料理」とどう違うのかわかりません。

そこで色々考えて「レバニラ炒め」を頼みました。レバニラ炒め、大きめのから揚げ、キャベツの千切り、わかめ卵スープ、杏仁豆腐、ごはん・・・で、880円でした。

今調べたのですが、日本人向けに作られた料理を「中華料理」とよび、本場の中国の料理は「中国料理」と呼ぶのだそうです。
ちなみに、レバニラ炒めは、薄々気が付いてはいましたが、日本で考案された、中華料理の方です。
日本で中華料理と呼ばれている有名な料理は、日本の中華の達人みたいな人が、日本人の為に考えたみたいです。

その店でも、ふかひれ、アワビはありまして、「北京ダック」までありました。
しかし、このレベルの店で、ふかひれ、アワビ、北京ダックというメニューが必要かどうか?はなぞです。
ただ、食材が高価な感じがするだけで、料理は簡単なので、注文されたらぼろ儲け感はあります。

レバニラ炒め一つで、これだけ色々考える事は、若い時ならできなかったと思います。
これは、今の年齢になったからの楽しみです。

一人飯で有名な漫画に「孤独なグルメ」があります。

今度ネットカフェででも読んでみようかと思ってます。


レバニラ炒めは、とてもおいしかったです。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぱある

Author:ぱある
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR