FC2ブログ

資格試験の勉強

資格試験の勉強を、のろのろとやっているわけですが、テキストを2回読んで、内容は理解したものの、問題は「暗記」です。
一昨年は、2カ月くらいの勉強で国家試験に合格したのですが、今回は、その試験より難易度高いです。

試験が、午前と午後にあるという・・それだけ覚えることが多いという事。


一昨年は、ジムに通っていなかったので、休日はダラダラ勉強できましたが、今はジムもあるので、休日買い物や家の用事をして、ジムに行くと、勉強する気力が残りません。


家の仕事と、ジムと、勉強・・となると、すべて違う行動のような気がしますが、結果的に、「すべて頭が疲れる」ような気がします。
ジムに行けば、沢山の人がいるので、運動しながらも観察してしまうし、レッスンでは動きを合わせるのに四苦八苦。決して体だけが疲れているわけじゃないのです。

いくら頭が疲れ切っていても、本は読めるし、ブログは書けるし、ネットでは遊べますが、「暗記」をする気にはなれないです。

単なる「単語」みたいなものを、ドンドン暗記するというのは、単純なようですが、すごく頭を使う作業だと思います。高齢になってボケ防止の為に、数字の暗記や、漢文の暗記などをやっている有名人がいますが、タダの「暗記」というのは、頭を鍛える効果があるのかなあ?と思います。

私の夢は、何らかの国家資格の「最高年齢合格者」になる事でしたが、かなり難易度の高い「夢」です。

若い時は、コツコツ暗記していけば、簡単には忘れなかったわけですが、今は「忘れるのが早くなっている」と思います。せっかく記憶したとしても、引き出すまでの時間も長くなったと思います。覚えるのも遅い・・言うなれば3重苦ですわ。

休日に家族の用事は仕方ないにしろ、買い物とか、家事とかを、やってる時間がもったいないと思い始めました。
ジムと勉強は絶対やるべき事なので、勉強の時間を増やすには、食事作り以外の家事を、すべて平日にやってしまうしかない・・と思います。


生活必需品以外の買い物はしない、食材のまとめ買いも平日に・・と言う感じ。


私の場合、ダラダラ過ごす時間も必要な時間なので、ダラダラする時間、運動する時間、勉強する時間・・・をうまく確保するにはどうするか?が課題なのですよね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

仕事も家事もジムもブログもされてて、さらに勉強しようという意欲が凄いですね~
いつも感じるんですが、よりよく生きたいというエネルギーがほとばしってます。

それに比べ・・・
気がつけば、『暗記』という文字は、りりたの辞書から消えてました!
試験を受けることもないし、参考になることはスマホで写せばいいし。

昔は一週間のTV欄は完璧に覚えていたし、得意先の電話番号も全部頭に入っていたのに。

多分、暗記してくれる脳細胞は、とっくの昔に消滅したと思います。
私が気をつけてるのは、「鍵はここに入れた」という確認作業だけです。

Re: No title

りりたさん

> 仕事も家事もジムもブログもされてて、さらに勉強しようという意欲が凄いですね~
> いつも感じるんですが、よりよく生きたいというエネルギーがほとばしってます。

私のブログは、そういう話をピックアップして書いているので、そのように思えるかもしれませんが、それほどでもありませんよ。


>
> それに比べ・・・
> 気がつけば、『暗記』という文字は、りりたの辞書から消えてました!
> 試験を受けることもないし、参考になることはスマホで写せばいいし。
> 昔は一週間のTV欄は完璧に覚えていたし、得意先の電話番号も全部頭に入っていたのに。

何でも調べられる今の時代に「暗記」が必要だとは思えないし、雑学王みたいな記憶力は、芸能人や東大生がお金を稼ぐ以外には、使い道がないような気がします。

ただ、何も見ないで、説明する能力がなくて、「理解した」とは言えないわけで、そこまで独学でやるのは難しい。
ちゃんとカリキュラムに沿って学べて、暗記したかどうかも確認でき、資格も貰える資格試験はいいなあと思います。

伊東四朗さんは、今も現役の俳優をやられていますが、記憶力を維持する為に、円周率の暗記の確認を、定期的にやっているそうですし、俳優さんのような「暗記命」の仕事の方は、色々工夫されているのだと思います。

> 多分、暗記してくれる脳細胞は、とっくの昔に消滅したと思います。
> 私が気をつけてるのは、「鍵はここに入れた」という確認作業だけです。

つい最近まで現役?と思われた、芸能人さんも、テレビに出なくなったと思ったらボケていたり・・・
何をしたから、どうなるのか?は、全くわかりません。

しかし、生まれたての子供は、ガンガン暗記して、色々な事を覚えないと生きていけません。
成長したい、現役でいたいと思えば「暗記は必要」だと思うのですよね。
軽々と「暗記」が出来る「脳」が、早くから育った人は、生きるのが楽だと思うのです。
そういうメカニズムにも、すごく興味があります。

自分の「脳」が、どんな風に衰え続けるのか?もネガティブではありますが、興味があります。
どうしようもなくなったら、「諦める」しかないです。
プロフィール

ぱある

Author:ぱある
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR